【資産運用に興味のある方へ】資産運用超初心者が『積立NISA』を初めてみる!(証券口座開設するまで)

ゆめねこの『ゆる投資』
スポンサーリンク
ゆめねこ
ゆめねこ

こんにちは『ゆめねこ』です
突然ですが『資産運用』ってしてますか?
今回は運用初心者の僕が資産運用にチャレンジする
経緯をご紹介したいと思います。
僕と同じように此れから『資産運用』にチャレンジしてみたい
興味がある方は是非、見て頂けると嬉しいです。(^^♪

スポンサーリンク

証券口座開設のきっかけ

●投資に始めようと思った『きっかけ』

今まで投資にあまり興味は無かったのですが
新型コロナが蔓延し、リモートワークが多くなる中で
毎月の給与が4割ほど減額し、更に給与回復が見込めない中で
収入と将来に不安を感じたのがきっかけです

●投資のイメージ

投資のイメージっていうと皆さん
どんな印象を持ちますか?

  • 大損して借金に追われる
  • 四六時中パソコンを見ていないといけない
  • そもそも、纏まったお金が無いと出来ない。
  • 知識が無いから面倒くさい。怖い
ゆめねこ
ゆめねこ

知らないと投資って怖いですよね。
僕も頭を何日も抱えてました。
しかし、色々なメディアで勉強して
計画的にまずはチャレンジしてみる事にしました(^^♪

インターネットや書籍でも勉強しましたが一番参考にしたのは
YouTubeです。参考にしたチャンネルは複数ありますが、
特にオススメをご紹介したいと思います。

▼『リベラルアーツ大学』凄く参考になりますよ(^^♪

第171回 【毎年恒例】「ファンド・オブ・ザ・イヤー2020」の結果について解説【株式投資編】

楽天証券口座開設について

口座開設に関してですが、数社検討してみたのですが
私は『楽天証券』さんに口座開設することにしました。

証券会社ごとの比較は機会があれば別記事で紹介させて頂きますが
私が楽天証券に決めた決め手は私が楽天ユーザーだった事が大きいです。

楽天ユーザーが楽天証券を利用するメリット

  • 楽天ポイントを利用してポイント投資が出来る
  • 楽天証券を利用することで楽天市場でのポイント倍率がUPする
    (条件有り。詳しくは楽天市場のHPよりご確認下さい。)
  • 楽天カードを使用して投資することで投資代金に対して100円に付き1ポイントの楽天ポイントが獲得できる
  • 楽天銀行と楽天証券を連携させることで『ポイント獲得』『銀行貯金の優遇金利』など
    特典が盛り沢山。(詳しくはマネーブリッチのHPをご覧ください。)

口座開設に必要なものは『スマートフォン』と『運転免許証(またはマイナンバーカード)』
が有ればその場ですぐに手続きが出来ます。
運転免許の写真を撮影し、その後自分の顔を撮影するだけです。

ゆめねこ
ゆめねこ

ちなみに僕は自分の顔の撮影で
少し苦戦しました(笑)
撮影は室内の太陽光等が差し込まない所で
撮影したほうが良いと思います。

※楽天証券講座開設に興味のある方はこちらから是非(*^^*)

楽天証券(FX)

※楽天証券で口座開設を行う場合は『楽天カード』があるとスムーズでお得ですよ(*^^*)

特定口座・積立NISA・iDeCoの設定について

楽天証券に限らず、証券口座を開設する際には
『一般口座』『特定口座(源泉徴収あり)』『特定口座(源泉徴収なし)』
の3種類から設定する必要が有ります。

●一般口座
一般口座とは、特定口座やNISA口座で管理していない上場株式等を管理する口座のことで、損益計算も確定申告も自分で行います。

複数の口座を持っているなら、その口座ごとに計算をする必要があります。また、未公開株は一般口座でしか利用することができません。

以前は、みなし取得費の特例(※)を使えるという点がメリットだった「一般口座」ですが、この特例が廃止されたため、これから株取引を始める人にはメリットはほとんどないと言ってよいでしょう。

特定口座(源泉徴収なし)
「源泉なし」の特定口座(簡易申告口座)を選択すると、証券会社等が売却損益の計算はしてもらえるものの、税金の計算や納税までは行ってくれません。年間トータルで売却益だった場合には原則として確定申告が必要となります。

損失が出た場合には申告をする必要はありませんが、申告した方がお得になるケースもあります。

特定口座(源泉徴収あり)
多くの方が選択しているのが「源泉あり」の特定口座(正式名称:源泉徴収選択口座)です。

「源泉あり」の特定口座を選択しておけば、証券会社で売却損益・税金の計算を行ってくれたうえに税金を売却代金から差し引いてもらうことができるので、確定申告は不要となります。

ただし、一部の口座で損失が出たなど年間トータルで売却損だった場合には、他の口座の損益や配当との通算をすることができるので、確定申告をした方がお得なこともあります。


引用元:経理COMPASS

参考として『経理COMPASS』さんのHPを参考にさせて頂きました。

僕は色々と事情があり、今の仕事を辞めるというのは今の所無いので
仕事をしながらの資産運用という事で『特定口座(源泉徴収あり)』で
開設致しました。
また『積立NISA』『iDeCo』も必要であれば証券口座と一緒に申し込みしましょう。

ゆめねこ
ゆめねこ

ちなみに、僕は『積立NISA』も一緒に開設しました。
NISA講座は証券口座とは別に2週間ほど審査に時間がかかります
ご注意下さい。

証券口座&積立NISAで投資家デビュー

ここまで来て、やっと『資産投資』デビューのスタート地点に立ちました。
これから少しづつ『資産運用』して、可能な範囲でブログにもして行きたいと思います。
良かったらノンビリご覧ください。(^^♪

※当ブログをみて『資産投資』に興味を持って頂けると幸いです。
ただ、あくまで『資産投資』は自己責任です。熟考とリサーチの上
無理の無い範囲で行って頂けると幸いです。m(__)m

ゆめねこ
ゆめねこ

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
ご意見・ご感想はお気軽にコメント欄・Twitterにお寄せください。
また次の記事でお逢いしましょう。またねー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました